必要時間数はおよそ「600~700時間」

マンション管理士試験の難易度をクリアするためには、およそ「600~700時間」が必要になってくると言われています。もちろん、こうした時間数はあくまで目安であり、皆さんがどの程度の前提知識を持っているのか、国家資格対策のコツを掴めているかどうか、実務経験の有無等、様々なバックグラウンドに左右されるものではあります。
冒頭で紹介した時間数というのは、あくまで初学者が知識ゼロから始めた場合に想定される学習時間数であり、期間としては半年~1年間が目安であると言えます。

しかしながら、こうした学習時間や期間は、マンション管理士の難易度を超えるための対策法としてどんなことをするかによって、長くも短くもなります。
自分の力だけで手探りで学習を進める独学であれば、目安時間の何倍もかかるかもしれませんし、通信教育で効率良く学ぶことが出来れば600~700時間は必要ないかもしれません。ですが、受験生であれば誰しも「効率良く短期間で合格」したいと考えているものですし、そういった意味ではやはり「通信教育の活用」が重要になってくるのではないでしょうか。

マンション管理士試験の難易度をスムーズにクリアするために選ぶべき通信教育の特徴は、ズバリ

・見ていて分かりやすいカラー刷り教材
・要点がコンパクトにまとまったテキスト
・学習効果を高めるための講義付

の3点です。
「マンション管理士のような難易度の高い試験対策ならば、情報量重視なのでは?」と思われるかもしれませんが、初学者が効率良く学ぶためには「分かりやすい」「楽しく学べる」がキーワードになります。そして、もちろん通信教育であっても講義付が基本です。
講座選びの視点として、ぜひ心にとどめておくと良いでしょう。


>>これが合格率をグンと上げる勉強法!