「いかに学習を楽しめるか」がカギに

マンション管理士レベルの難易度の国家資格に合格するために必要なものは、高い学力でも暗記力でもなく、結局のところ「学習を楽しみながら進められること」であると言えます。
難しい国家資格に挑戦する場合、学校的な“お勉強”に自信のない方であればどうしても「自分はそんなに賢い方ではないから」「勉強って、学生時代から苦手」としり込みしてしまうものですが、必要以上に恐れることはありません。
なぜなら、資格の学習と学校教育の勉強では、それぞれ取り組み方が異なるからです。
学校のテストでは、限られた試験範囲をしっかりと理解しなければ高得点は望めませんでしたが、一方で資格試験の場合、膨大な試験範囲の中から出題されるポイントを正しくピックアップできていれば、合格を掴みとれる可能性はぐんと高くなります。つまり、「高度な学力をもって深く理解する」「すべてを完璧に暗記する」といったスキルはさほど重要ではなく、「試験範囲を根気よく、まんべんなく学習する」「効率良く出題ポイントをおさえる」ことが大切になってくると言えるのです。
よって、マンション管理士合格のための必要なスキルとしては「いかにしてすべての試験範囲を効率良く網羅できるか」であり、そのためには「楽しみながら学習を進めていけるかどうか」がカギとなります。

 資格学習は、続かなければ意味がありません。
楽しみながら学習を進めるためには、もちろんそれを叶える学習ツールが必要になります。そういった意味でも、前ページで挙げた「分かりやすい」「楽しく学べる」といった観点が重要になってくるのです。

>>これが合格率をグンと上げる勉強法!