マンション管理士の通信教育、選び方の極意

A男「マンション管理士になるなら、通信教育がいちばんだと思いますけど、自分は最初半信半疑でした」

B子「私も! 通信がいいってすすめられましたけど、どこがいいのかよくわからなかったし。通信と通学の教材を比べたり、ちょっと体験してみたりしたら通信のほうが無駄がないってわかったけどね」

A男「だけど、マンション管理士の通信の教材をたくさん取り寄せてみたんだったら、通信のどこにするか決めるときも悩まなかった?」

B子「悩みましたね~。5社以上取り寄せちゃったもんで(苦笑)。どこもいいこと書いてあるし」

A男「じゃあ、どうやって選んだ??? 自分は、教材を具体的に見比べて決めたんだけど」

B子「私もそこは一緒かなあ。実は、資料を取り寄せてない通信講座も比べたんだけど……」

A男「今なら、インターネットで教材の一部を公開しているからね」

B子「そうなのよ! マンション管理士のテキストの一部も問題集の一部もアップロードしてくれてるから助かった」

A男「メディア教材も公開してあるのがほんとにうれしかったかな。どんな映像で教えてくれるのかよくわかるから」

B子「映像は、マンション管理士を受けるなら本当に大事だと思う。Webで動画を配信するところだったら、どれくらい安定してるのか確かめておかないと危ないと思うから、持ってるパソコンとかタブレットとかでちゃんと再生のチェックした覚えがあるよ」

A男「あと、先生の話し方も大事じゃないかな? よく聞こえない人だと困る。滑舌も大事だよね」

B子「うん、大事。あとはそうだな~、黒板に書いてる人はあまり好きになれなかった」

A男「黒板に手書きって見づらいよな。教室で撮影するとそうなっちゃうみたいだけど」

B子「スタジオで撮影してるとこは、教科書をクローズアップしてくれたり、黒板の代わりにTVみたいな背景を用意して、その中で説明してくれるから、お得ですよ」

>>これが合格率をグンと上げる勉強法!