マンション管理士のテキスト、選び方の極意

A男「マンション管理士のテキストって、どれくらい読んだことある? 自分は実はあまり読んでないんだけど」

B子「私は通信申し込む前に、古本屋さんとかでどんなマンション管理士のテキストがあるのか、研究したことありますよ~、(笑)」

A男「自分は、通学講座や通信講座の専用のテキストしか見たことないんだけど、どうだった?」

B子「そうね、すごく悪いテキストは見なかったけど。でも気になったのは、長時間読んでるとウンザリしてきそうなテキストが多かったかもしれない。いろいろと目が疲れない工夫はしてあるんだけどやっぱり活字が続くところは、しんどくなりそうでねえ」

A男「通学や通信のテキストでもそういうのあるなあ。申し込まなかったマンション管理士講座のテキストは、そういう傾向あった気がする。ま、どれも図や表を載せるようにして、見やすくしてるのはわかったんだけどな」

B子「私も、そういうテキストばっかりなのかなってあきらめかけてた。まあ通信のテキストは、そういうのばっかじゃないって気づけてすごく助けられた気分!」

A男「そうだな。自分も通信の世界に、あんなに見やすいテキストがあるとは思ってなかったよ。信じられないほどカラフルなテキストってあるんだなって思った」

B子「雑誌で言うなら巻頭のグラビアみたいな感じが、最後まで続くテキストって、今考えたらすごくお金かかってそう(笑)」

A男「何色も使われてると、ページを開けたときに一発で、大事なところとか読み取りやすくて助かるんだよな~。赤とか青とかがたまに使われているレベルだとそうでもないんだけど」

B子「ウンウン…(笑)。私も、そういうテキストをこれからマンション管理士を受ける方におすすめしたいかな」

>>これが合格率をグンと上げる勉強法!