マンション管理士の過去問題集、選び方の極意

A男「マンション管理士の勉強って、問題集も大事だけど、こんなに奥が深いなんて思わなかったよ」

B子「それはどういう意味? 問題の難しさが奥が深いってこと?」

A男「問題は難しいけど、今言ったのは……マンション管理士の問題集って、どこも同じかと思ったらそうじゃなかったんだってこと。問題集もいいのをつかまないと受からない気がするんだよね」

B子「そうね。マンション管理士の過去問題集って、問題と答えが書いてあればいいものじゃないのよねー。問題と正解のほかに、解説が相当についてないとだめだと思うし」

A男「どこかで適当にダウンロードしてプリントアウトすればタダだけど、解説なしじゃ全然勉強にならないと思う。これは今後の受験者に注意してほしいことだな」

B子「マンション管理士の問題集は、ちゃんとお金を払って手に入れるべきですね。そういう大事なところにお金を出し渋るのはすごい間違いだから!」

A男「タダで手に入るような問題集や、格安の問題集だと、問題の量も少ないかもしれないからね……」

B子「それも怖いね。やっぱり5年分くらいはほしいかなと思う。数年分そろってないと、問題の比較だって満足にできないじゃないですか」

A男「問題の特徴を知るのも、問題集の大切な機能だと自分も、受験の途中に痛感したクチでした(笑)」

B子「ウンウン(笑)。あとはそうね、問題を解く目安が書いてあるとか、ちょっとした気遣いがあればベストかしら」

A男「うん、この問題はどれくらいの時間で解いたほうがいいのか、わかってると解くスピードに気を付けるようになるから、そのほうが理にかなってると思いますね」


>>これが合格率をグンと上げる勉強法!