マンション管理士って?

A男「僕がマンション管理士を受けたのは平成13年。まさに創設された年でした」

B子「こんなに新しい資格、なかなかないわよね」

A男「そうだね。でも、マンション管理士が誕生した理由は非常に明確だし、僕もその時、これからの時代はマンション管理士は絶対必要だと思って、試験を受けたんだ」

B子「マンション管理士誕生の最大の理由は、マンションに住む人が増えてきたから?」

A男「それもあるけど、もっというと、マンションの老朽化だね。現在日本のマンションは500万戸以上あるといわれてるんだけど、その内の半分が10年以上、約30%にいたっては築20年以上経ってるんだよ。新しいマンションなんて、実は一握りしかないんだ」

B子「今はマンションを買う人も増えてきたしね」

A男「かつては、家を買うといえば一戸建てって決まってたんだけど、今は全然そんなことないよね。特に都心部などはマンション購入の方がはるかに多い」

B子「昔とは家に対する概念が変わってきた」

A男「賃貸は今でもそうだろうけど、分譲の場合は、昔はまずはマンションを買って、その内それを売って、ゆくゆくは戸建てを購入っていうのが一般的な流れだった。だから、自分の住んでいる分譲マンションに対しての思い入れが今よりだいぶ薄かった。

B子「仮の住まいって意識だもんね。でも、今は永住するためにマンションを選ぶ人もいっぱいいるし」

A男「そうなんだよ。そこで新築の分譲マンションを買うなら、最初から長期的な修繕計画を立ててるから問題ないんだけど、中古の分譲マンションだとそうもいかない」

B子「自分には関係ないと思って、老朽に対する長期計画がおざなりなマンションが数え切れないほどあるのが現状。……そういう状況にようやく気づいた国が、なんとかしなきゃと用意したのが、私たちマンション管理士」

A男「そういう背景を考えたら、これからもマンション管理士の需用は増える一方。持っていて損はない、時代が求める資格だと思うよ」

>>これが合格率をグンと上げる勉強法!