効率重視派なら断然「通信教育」

試験対策と学習方法

マンション管理士の年収や資格の概要について、大まかに理解したところで、これからこの資格を目指す皆さんに向けて「具体的な試験対策」についてのノウハウをご紹介していこうと思います。

まずは学習方法について。マンション管理士レベルの難易度の国家資格ともなれば、やはりそれなりの対策が必要になってくるものです。

資格を目指す方法にはそれぞれ、独学、予備校通学、そして通信教育という大きく分けて3つの手段がありますが、マンション管理士への合格を目指す上では「通信教育」の受講がオススメです。

「え?予備校通学ではなくて通信教育なの?」

「マンション管理士レベルの難易度の国家資格に、通信?」

そんな風に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
独学については「何となく厳しいのではないかな」と想像できるかもしれませんが、予備校通学が一番ではないという点に、おそらく多くの受験生にとって疑問が感じられるのではないでしょうか?

予備校の特徴

予備校通学の場合、
「学習以外にかかる時間が意外と多いこと」

そして「知識の習得に必要な予習や復習がおろそかになりがちなこと」

さらには「通学をしていることだけで勉強した“つもり”になってしまうこと」

といった落とし穴にはまる受験生が実に多いもの。

行き帰りの通学時間の確保は、忙しい社会人受験生にとっては意外な負担感となって学習意欲を阻害する原因ともなり得ます。

また、通学にかかる時間ですっかり疲れ切ってしまって予習復習をする余裕がない、講義さえ受講していれば満足感が得られてしまうためについ家庭学習がおろそかになる、といったことも考えられます。

もちろん、予備校通学を上手に利用し、マンション管理士レベルの難易度を見事クリアされている方はたくさんいらっしゃいますが、「予備校通学をしたのに不合格」といった受験生の数は合格者をはるかに上回るのです。

通信教材の特徴

一方、通信教育受講のメリットといえば、

「自宅で、都合の良い時間に学習を進めることが出来る」

「講義付講座ならば、納得いくまで何度も視聴が可能」

「日常生活の中で、プロによる教材やカリキュラムで無理なく学べる」

といった点を挙げることが出来ます。

予備校通学でネックになっていた「時間の確保」、さらに独学で問題になる「教材やカリキュラム」についても通信教育なら安心。

予備校通学以上の学習効果、独学以上の効率の良さを実感できるのが、通信教育なんです。