おすすめの通学講座はコレ!「TACと大原」

管理業務主任者試験は独学でも合格できる試験ですが、誰もが独学で合格できるほど甘い試験ではありません。独学での挑戦に少しでも不安のある受験生は、プロの力を借りるのも手です。
このページでは、受験勉強に不安を抱える受験生をしっかりと合格へと導いてくれる、おすすめの通学講座を紹介したいと思います。

TAC

「わかりやすさ」に定評があるのは、TACの管理業務主任者講座です。

TACの管理業務主任者講座はまず、テキストが素晴らしいと思います。TACのテキストは市販もされているのですが、独学をする人にとっても、たいへん人気のあるテキストになっています。

TACのテキストの特徴は、とにかく使いやすいこと

絶対に読んで理解しておきたい「本文」、参考程度に読んでおきたい「参考」、時間があれば読めば良い「発展」に分けて記載されているので、受験生個々の余力と学習時間に応じた読み方・使い方をすることができます。

また、細かい点ですが、欄外に「出題履歴」がメモ書きされているので、頻出論点かどうかも一目でわかるのも嬉しいところです。

もちろん、TACの管理業務主任者講座の「わかりやすさ」を支えているのは、テキストだけではありません。厳格な採用基準をクリアして採用された講師陣の質の高い講義も、やはり「わかりやすい」と評判です。

TACの公式サイトはこちら

大原

「通学講座を受講したいけれど、仕事が忙しいので、きちんと通えるか不安」と、尻込みをしている人も少なくないかと思いますが、そうした受験生におすすめしたいのが、大原の管理業務主任者講座です。

大原の管理業務主任者講座の魅力は、サポートが手厚いところです。

  • 「振替出席制度」
  • 「欠席フォロー」
  • 「教室聴講制度」
  • 「重複受講制度」
  • 「転校制度」

など、ざっと挙げただけでも、これだけの受講生フォローの制度が用意されています。

これならば、仕事の都合で欠席することがあっても、安心して受講し続けることができそうです。

大原の公式サイトはこちら

TAC、大原どちらもおすすめの通学講座ですが、講義のわかりやすさを重視するならTAC、サポートの手厚さを重視するなら大原の管理業務主任者講座を選ぶと良いと思います。