楽学、TAC、ユーキャン?真のお勧めテキストはこれ!

テキスト選びの重要性

「マンション管理士試験合格を目指すのであれば、独学受験は厳しい」

そうはいっても、

「やはり最初は独学で挑戦してみて見極めたい」
「ある程度知識はあるから、自分は独学でも大丈夫なのでは」

と、独学の可能性を捨てきれない方も多いと思います。

マンション管理士試験に独学で挑戦する上では、「教材選び」が非常に重要です。
教材こそが習得する内容の全てですし、教材の中身によってモチベーションが大きく左右されることだってあります。

「何となく良さそうだから」
「有名どころのテキストだから」

と、安易な気持ちで教材選びをしてしまうのは得策ではありません。

マンション管理士独学テキスト オススメ3選

ここでは、マンション管理士試験合格に向け、独学受験生にお勧めのテキストを3つほどピックアップしてご紹介することにします。

ここでご紹介するのは概ね初学者にとって使い勝手が良く、分かりやすいと評判のものばかりですが、個々によって感じられ方は若干異なってくるものと思います。

実際にテキストを選ぶ際には、まずご自身の目で内容を確かめ、納得した上で購入するのが大前提です。

楽学マンション管理士 基本書 (楽学シリーズ)~住宅新報社~

知識ゼロ、実務未経験からマンション管理士試験合格を目指す方のための“入門書”として最適。

読みやすい文章、詳しい解説、たっぷりと盛り込まれたイラストや図表等、初めて学ぶ方にとって“とっつきやすさ”の感じられるテキストの代名詞です。

ただし、「これ一冊でOK」という教材ではありませんから、他に学びのベースとなるテキストの準備は必須。

あくまで学習当初の導入的役割として、まず目を通したい教材のひとつです。

らくらくわかる! マンション管理士 速習テキスト~TACマンション管理士講座~

“らくらく”とありますが、ボリュームたっぷりの内容で、マンション管理士試験で網羅すべき法令が細かく解説されている良本
項目ごとに頻出度がランク分けされており、本試験を意識した対策が可能となります。

同シリーズの問題集と併せて活用することで、インプット・アウトプットとバランス良い学習が実現します。

ただし、

「ボリュームがあり、独学でこなすのが大変」
「法改正対応についてはTACの情報会員登録が必要になる」

など、マンション管理士試験に向けて独学ならではの問題点や煩わしさといったものは否めません。

U-CANのマンション管理士・管理業務主任者ここが出る!
~ユーキャンマンション管理士・管理業務主任者試験研究会~

マンション管理士だけでなく、管理業務主任者とのダブルライセンスを狙う方にお勧めできる基本書。

通信教育ユーキャン同様、「初学者にとっての分かりやすさ」がしっかり重視されており、マンション管理士試験に独学で挑戦する受験生向きであると言えます。

「1論点が見開き2ページにまとめている」
「各項目に重要度別の明示がある」
「豊富なイラスト・図解入り」

と、見やすさへの工夫がしっかりと凝らされています。